大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

父親の相続、子は健在でなく、認知症の場合も

前回の投稿では、

子がない夫婦で相続が発生した場合、

相続人となる兄弟姉妹が健在でないこともありえるとして、

書きました。

 

 

親の相続でも、

子が健在でないこともあり得ますので、

そこのパターンについて投稿します。

 

大東太郎さんと花子さん夫婦には、

4人の子がいます。

でも、4人の子が健在ではない。

長男の一郎は、昨年に死亡。

二男の次郎さん夫婦には、子がない。

長女の貴子は、認知症の症状が出て家庭裁判所に法定後見申立し、

後見人が付いている。

三男の三郎さんは、入院中。

子が健在でない

大東太郎さんが亡くなったとします。

 

太郎さんの遺言書がない場合には、

(1)相続人調査

(2)相続財産調査

と続いて、

(3)遺産分割協議

へと進むこととなります。

 

この場合、

遺産分割協議をするのは、

(a)配偶者の花子さん、

(b)長男の子、

(c)二男の次郎さん、

(d)長女の貴子さんの後見人

(e)三男の三郎さん

になります。

遺産分割協議が円満に進み、

合意となるでしょうか。

このパターンは、極端ではありません。

 

既に起こっているか、

将来、

身近に起こりえるパターンです。

 

自分の家族は仲が良いから遺言を書かなくても良い・・・と思っているならば、

このようなパターンでは、

スムーズに相続手続きが進むとは限りません。

ご相談いただけたなら、

遺言書の作成を提案することでしょう。

 

大東太郎さんは、

ご自身の財産を思うように分けたいと思っているならば、

遺言を書くのが良いと思います。

 


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ