大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

成年後見制度ってどんな制度なの

当事務所の行政書士は、行政書士で構成しています一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターの大阪府支部(「コスモスおおさか」)に所属して、成年後見制度の啓発、広報活動を行っております。

一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターでは、任意後見人、成年後見人、保佐人及び補助人の養成も行っています。

 

成年後見制度には、認知症や知的障がい、精神障がいなどにより判断能力が低下した方を支援するために設けられた制度です。
つまり、成年後見制度の利用に当たっての考え方は、判断能力が有無です。

認知症や知的障がい、精神障がいにより判断能力が低下した方を支援する成年後見人(保佐人、補助人、任意後見人等)が、法定代理人となり本人に変わってのお金の管理(財産管理)や身上監護の事務を行うものです。

成年後見の対象とならないのは、判断能力がある方、判断能力があるが寝たきり・身体障がいの方などです。
介護判定で要支援や、要介護であっても、判断能力がある方は、成年後見利用の対象とはなりません。

成年後見制度とは、認知症や知的障がい、精神障がいなどにより判断能力が低下した方を支援するために設けられた制度です。

後見人などになれる人には、特別な資格は必要ありません。
親族、士業といった職業の方といった自然人、法人がなることが出来ますし、一人
だけでなく、複数人でもなることが出来ます。
ただし、
① 未成年者
② 家庭裁判所で解任された法定代理人、保佐人、補助人
③ 破産者
④ 行方の知れない者
⑤ 本人に対して訴訟をし、又はした者及びその配偶者並びに直系血族
の方は後見人などにはなれません。

近年、少子高齢化により親族後見人のなり手が少なくなっているようです。
そのこともあってか、第三者の職業後見人の就任が増えているようです。

私は、成年後見人として選任されて被後見人の残存能力を優先した上で、財産管理や身上監護に務めています。

成年後見制度の仕組み

成年後見制度には、

  • すでに判断能力が低下している場合に利用する法定後見制度
  • 判断能力が十分にある間に、信頼することができる方と公正証書で予め契約しておく任意後見制度

の大きく分けて2種類があります。

法定後見制度には、判断能力の程度により

  • 後見:判断能力が欠けているのが通常の状態の方
  • 保佐:判断能力が著しく不十分な方
  • 補助:判断能力が不十分な方

の3つに分かれます。

要介護判定から介護サービスを受けている状態で、

「成年後見制度を利用出来るのか?」といった質問をお受けすることがあります。

法定後見は判断能力が低下している場合に利用出来るので、

判断能力がある状態で介護サービスを受けている場合には、

利用出来ません。

判断能力がある状態ならば、

将来のことを考えて任意後見の利用を提案することになります。

このページの先頭へ