大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

補助金申請書を書くにあたって

前回の投稿では、

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」

「小規模事業者持続化補助金」

「創業・第二創業促進補助金」 が

平成28年に募集されることについて記載しました。

 

その補助金申請書の書き方・記入に当たって、

事業計画というか「経営計画」の作成が必要になることも書きました。

これからの投稿では、「経営計画」と記載します。

 

平成27年に募集された補助金の概要は以下の通りです。

・ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金

 革新的サービス(一般型) 補助上限1,000万円
                 補助率 補助対象経費の2/3以内
                 (設備投資必要)

 革新的サービス(コンパクト型) 補助上限700万円
                     補助率 補助対象経費の2/3以内
                    (設備投資不要)

・小規模事業者持続化補助金
 補助率 補助対象経費の2/3以内
 補助額 上限50万円

・創業・第二創業促進補助金
 創業促進補助金 補助金額の範囲:100万円以上~200万円以内
            補助率 2/3

 第二創業促進補助金 補助金額の範囲:100万円以上~200万円以内
               補助率 2/3

魅力的だと思いませんか。

この補助金を得るに当たって申請書の作成が必要ですが、

単に書けばよいというものではありません。

書く内容、書き方に注意が必要です。

そのためには、

自社が属する業界の状況

自社が属する市場が、どれくらい競争が激しいのか

自社と市場と競合の状況を客観的に分析したり

自社や競合の販売状況を分析したり

自社の強み・弱み、脅威などを分析したり

と言ったことが必要になります。

 

それをする/しないで、

申請書の内容・書き方が大きく違っています。

 

経営者は多忙で、

このような分析の時間がなかなか作れないでしょう。

でも、 補助金が欲しい。

充分に分析していない内容の申請書では、

補助金を得るのが困難です。

大阪府内の中小企業の経営者様、

個人事業主の皆様、

補助金の準備を当事務所の行政書士と一緒に行いましょう。

募集まで2ヵ月程度ありますが、

そろそろ始めましょう。

相談を受け付けております。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ