大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

遺産相続 相続人の配偶者・内縁の配偶者の登場と相続人代表者の肝っ玉

相続が発生した際、

被相続人の長男や長女が推定相続人の代表者となることが、

多いのではないでしょうか。

 

推定相続人と記載したのは、

被相続人の子であることは確かで、

相続権があると考えられるのですが、

戸籍を取り寄せしていませんので、

相続人であることが確定していない状態だからです。

私が担当した相続手続においては、

相続欠格や推定相続人の廃除を受けている者は、

ありませんでした。

 

戸籍の取り寄せした結果から、

相続人として確定する状態です。

 

相続人の確定、相続財産の確定した後、

相続人の配偶者(内縁の配偶者)がいろいろと相続人に言い聞かせて、

言いくるめられた相続人が

遺産分割協議の現場で混乱をきたす言動をすることが

あるようです。

相続人の配偶者(内縁の配偶者)がいろいろ言ったことが、

相続手続としてGood・妥当・良いことなのか判断することが、

相続人にとって必要だと私は思います。

 

相続人代表者となる方の肝っ玉、責任感から、

協議を進めればいいのですが・・・。

 

相続人の配偶者(内縁の配偶者)の言動をそのまま遺産分割協議の場で

相続人が発言したことにより、

相続人代表者が、

その場の空気に流されてしまうこと場合があったことを

耳にしました。

 

相続人代表者が、

その場の空気に流されることが良いことなのかを

熟慮することが大事だと私は考えます。

▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ