大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

電子入札ではICカードが必要

電子入札は、

インターネットを経由します。

 

インターネットを経由する場合、

以下のようなリスクがあります。

  • なりすまし(本人を偽った行為)
  • 事後否認(自分の行為に対して後に否認する)
  • 盗聴(第三者による情報の盗み見)
  • 改ざん(情報の不法な変更)

 

インターネットの利用によるリスクを回避するため、

利用者本人の特定や盗聴・改ざん防止として、

電子証明書を内蔵したICカードを利用します。

 

第三者機関の電子認証局が発行するICカードで、

電子入札を行います。

また、

ICカード読み取るためのICカードリーダーも必要です。

ICカード及びICカードリーダーの購入は、

電子入札システムに対応している認証局から、

所定の手続きにより購入できます。

 

認証局は複数ありますので、

検討した上で購入しましょう。

 

指定戴いた認証局への購入手続、

設定まで行うことは可能です。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ