大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

電子入札で準備するパソコン(ソフトウェア)

電子入札で準備するパソコン(ハードウェア)では、

パソコン本体に加えて、

動作対象となっているOSについて、

説明しました。

 

本投稿では、

ソフトウェアについて説明します。

 

使用するOSによって、

日本語入力用IMEでの変換の設定変更が必要になります。

 

パソコンの環境ファイルとしてJAVAポリシーの設定も

必要になります。

JAVAとは、電子入札システムの動作に必要となる

ソフトウェアです。

インストールするJAVAのバージョンにも注意する必要があります。

 

電子入札用のパソコンは、

日本語入力用IMEでの変換の設定や

JAVAのバージョンに注意する必要があるので、

専用のパソコンを用意することを提案します。

 

ネットワーク環境としては、必須条件として

インターネットへの接続手段を持っていおり、

以下のプロトコルが通過可能であること。
HTTP
HTTPS
LDAP

そして、電子メールが送受信できる環境であること。

 

これならば、特別に設定することはないですね。

外務から攻撃を受けないようにする必要はありますが。

 

ソフトウェアについては、

これくらいでしょう。

 

次は、ICカードとICカードリーダーの準備ですね。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ