大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

電子入札で準備するパソコン(ハードウェア)

大東市のWebサイトから、

大東市が電子入札を導入することが分かりました。

(1) 対象

予定価格(税込)が、130万円を超える工事

予定価格が、50万円を超える測量・建設コンサルタント等の業務

(2) 導入時期

  平成27年10月1日から電子入札を導入します。

 

ただ、どんな電子入札システムを導入するのかが、

記載していません。

 

とはいっても、

電子入札システムなので、

パソコンやOSは必要です。

 

最近発売されているパソコンであれば、

CPUやメモリ、ハードディスクの条件は備わっているでしょう。

ノートパソコンでもデスクトップパソコンでも、

かまわないですね。

OSは、

Windows8.1(32ビット/64ビット)

Windows7(32ビット/64ビット)

Windows Vista

が現時点で利用条件に入っています。

 

Windows Vistaは、

マイクロソフトのサポートの次期を考慮すると

Windows8.1やWindows7を用意することを

提案します。

 

メーカーを特定することはないですね。

 

8月15日時点で、

Windows10はサポートされていないですので、

Windows8.1やWindows7がインストールされている

パソコンですね。

 

Windows8.1やWindows7の再インストールする必要があれば、

私の方で対応可能です。

OSの設定も可能ですよ。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ