大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

ネット集客の大切な1つは、ホームページの内容

制限時間は10分で、

思いつく限りの集客方法を最低でも5つ挙げてみましょう。

と、先日の投稿で書いたのですが、考えてもらったでしょうか?

事業の種類によって、いろんな集客方法を実施していると思います。

考えた結果、

あなたが実施した方法を含めて、下にあるくらいの集客方法は

挙がっていませんか?

①看板
②ホームページ
③ポータルサイト
④SNS(Twitter・Facebook)
⑤ショップカード
⑥口コミ・紹介
⑦展示会
⑧ニュースレター・メルマガ
⑨チラシ・ポスティング
⑩FAXDM
⑪雑誌広告・新聞広告
⑫インターネット広告(PPC)
⑬SEO対策などなど

そのうちで、あなたはいくつ実施していますか?

インターネットを使った集客を考えるなら、

②ホームページ
③ポータルサイト
④SNS(Twitter・Facebook)
⑫インターネット広告(PPC)
⑬SEO対策

くらいの集客方法は、考えます。

インターネット集客は、あなたの扱っている商品・サービスに

関心のあるお客さんになる人に向けに直接、広告を打つことが

出来ます。

ただし、あなたが想定しているお客さんの目に映らなければ

なりません。

パソコンやスマホで検索した際に、目立つ位置にあなたの広告、

ホームページのアドレスがないと、アクセスしてもらえません。

検索結果のトップページに表示されることが必要です。

あなたのホームページが、お客さんとなる人の悩みが解決出来る

情報、要望を実現できる情報、競合と比べて独自性があるといった

ことが必要であることが分かるでしょう。

アクセスしてもらったとしても、

「お店に行ってみよう!」、

「問合せしてみよう」、

「申し込んでみよう」と

思ってもらわなければ、意味がありません。

要するにホームページの内容が重要になってきます。

ネット集客の大切な1つは、ホームページの内容です。

一般社団法人日本スマートフォンマーケティング協会の認定コンサルタントとなりました。

それに伴って、 スマートフォン集客コンサルティング の事業を始めました。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ