大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

行政書士の勉強会で「スマートフォン対応のWebサイト構築で集客」の話をしました。

大阪府行政書士会

兵庫県行政書士会

の行政書士有志で作っている勉強会に所属しています。

毎月1回勉強会を開催し、持ち回りで講師を務め、プレゼン

能力と資質の向上を図っています。

 

3月26日は、私が講師を務めることになりまして、

「スマートフォン対応のWebサイト構築で集客」という

テーマで、話をさせていただきました。

 

今、スマートフォンマーケティングにセミナーを受講していまして、

そこで学んだ内容です。

 

概要としては、

1.スマートフォンの普及状況

 2.スマートフォン対応ページの特徴
(1)スマートフォン対応ページ全体構成
(2)スマートフォン、パソコンサイトのページ構成

 3.コピーライティング
(1)コピーを書く上での思考
(2)13のパーツからなるセールスレターのライティング

です。

 

行政書士をはじめとした士業も、インターネット経由で集客を考えたとき、

パソコンで閲覧することを前提としたこれまでのホームページだけでなく、

スマートフォンやタブレットのように5~7インチの縦長画面に対応した

ページを用意しなければなりません。

 

それは、閲覧する端末の画面が異なるからで、閲覧する人は変わっていません。

 

あなたのビジネスのお客さんになる人が、スマートフォンでホームページを見た

とき、読みやすいですか?

文字が小さくないですか?

問合せしたいと思ったときに、画面をタップして、すぐ電話できるようになって

いますか?

スマートフォン対応のページを作る際には、いろんな要素も組み入れる必要が

あります。

まず、5~7インチの縦長画面で閲覧することを考えていますか?

 

じゃ、スマートフォン対応のWebサイト(スマートフォン対応のホームページ)

の構築して、効果がある業界は?

どんなページがいいの?

などなど疑問を持った投稿を読んでいるあなたに、勉強会で話した内容を含めて、

いくつか投稿することを考えています。

一般社団法人日本スマートフォンマーケティング協会の認定コンサルタントとなりました。

それに伴って、 スマートフォン集客コンサルティング の事業を始めました。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ