大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

戸籍の取り寄せと相続人の調査2

相続が発生して、相続人調査を開始しました。

まずは、被相続人の出生までの戸籍を取り寄せます。

戸籍を取り寄せた後は、戸籍を見ながら相続人を調べます。

配偶者は常に相続人になりますので、配偶者の存在を調べます。

次に子の存在を確認します。

第1順位の子がいない場合場合には、
第2順位の父母の戸籍を調べます。

被相続人の戸籍を取り寄せるで、
父母について記載している戸籍が手元にあるかもしれません。

第1順位の子、第2順位の父母がいない場合には、
兄弟姉妹がいるのかと生存を確認する必要が出てきますので、
兄弟姉妹の戸籍と住民票などを取り寄せる必要が出てきます。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ