大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

相続手続に関する書類に誤字脱字があると

こんにちは。

今回は、相続手続の1場面について投稿します。

 

相続手続をご依頼いただくことがあり、

金融資産の手続もご依頼いただいたりします。

 

金融資産の相続手続については、

金融機関ごとに独自の手続書類があります。

 

金融機関の相続手続書類については、

相続人に記入していただくことが金融機関から求められますので、

相続人にご記入をお願いしています。

 

一金融機関の手続書類に対して、

(1)被相続人に氏名、住所、死亡日

(2)相続人の氏名、住所、電話番号

を書くことになります。

特に、

3枚くらい相続人の氏名や住所をご記入いただき、

実印を押印していただく必要もあります。

 

被相続人が複数の金融機関の口座をお持ちの場合、

相続人にとっては大変だと思いますが金融機関ごとに

ご記入いただいております。

 

そこで、誤字・脱字があるまま金融機関の窓口に提出すると、

記入した本人に訂正や追記を求められます。

氏名や住所であれば住民票からもチェックできますが、

その他の項目になると相続人の再チェックが必要になります。

 

金融機関の相続手続書類を書く際には、

あらゆる項目に誤字・脱字がないようにご記入下さい。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ