大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

先祖代々の土地建物を我が家系に引き継がせたい

「先祖代々の土地建物を我が家系に引き継がせたい」、

「我が家の財産は、我が家系に」と

要望している方がいらっしゃいます。

 

田舎だけでなく、

古く歴史のある街、

大阪でもそのような要望をお持ちの方がいらっしゃいます。

 

子供のいらっしゃらないご夫婦で、

土地建物は夫の家系で代々引き継がれたとして例を挙げます。

夫には弟がいるとします。

 

夫の希望としては、

自分が亡くなった際には自宅の土地建物を妻に残して、

妻が亡くなるまで住んでもらいたい。

妻が亡くなった後は、

先祖代々の土地建物を我が家系に引き継がせたいので、

弟名義としたい。

 

夫が遺言書で書くとすれば、

自分が亡くなった際には自宅の土地建物を含む財産類を

妻に相続させるという記載をします。

ただ、

遺言は遺言者本人の財産の引継ぎ・承継先を決めて書くので、

自分が亡くなった後のその次の引継ぎ者についてまで効果を

及ぼすようにできません。

妻にお願いして、

妻亡き後の土地建物の引継ぎ先を夫の弟にすることはできますが、

妻が書くかどうかは不明です。

妻が書いたとしても、

遺言はいつでも書き直すことができます。

 

そこで、

相続の次の相続(数次相続)対策として、

先祖代替の土地建物の引き継ぐ方法があると説明しています。

それが、家族信託です。

 


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ