大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

財産目録(不動産:建物)を作ってみましょう|エクセル入門

濱元行政書士事務所のホームページには、

相続手続きや遺言書作成で利用できる

財産目録のPDFファイルを掲載しています。

また、

エクセル版の財産目録を作っており、

希望する方にはメールに添付して送付しています。

 

前回の投稿では、

エクセル版の土地の財産目録を作りました。

登記事項証明書(全部事項証明書)の記載項目を

エクセルに記載するだけで、

評価額を合計する計算式(SUM関数)の入力は

しませんでした。

今回は、

エクセル版の財産目録(建物)を作ります。

SUM関数を使った計算式を入力してみましょう。

 

まずは、建物の登記事項証明書(全部事項証明書)にあり、

財産目録で必要な項目を挙げてみます。

所在

家屋番号

種類

構造

床面積

持分

共有者

抵当権

共同担保

そして、

評価額を入力します。

エクセルに入力する前に手書きで目録のイメージをします。

2016年02月18日20時16分25秒

 

建物の評価額合計は、SUM関数を使って求めます。

この手書きの表(設計図)を基に、

エクセルで作成を始めます。

作成するにあたって、

サイズはA4、

印刷の向きを横にして、

余白は上下を1.5、左右1.0に設定しました。

fudousan-tatemono

後は、

・抵当権や共同担保の有無を追記

・記入した年月日の欄を追記

・見出し欄のセル結合(項番~持分×評価額まで)

・列幅の調整

・行の高さ調整

・1件の建物を2行で記載するためにセル結合

・評価額の合計欄を追記

・罫線を引く

になるでしょう。

fudousan-tatemono01

持分×評価額の合計を求める計算式を入れて、

完成です。

fudousan-tatemono02

 


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ