大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

預貯金の残高

身内の方が亡くなり、四十九日の法要が終わったころから、

相続人に調査に戸籍を集めたり、預貯金の残高確認する作業が

行われると思います。

 

相続人の内の一人が、相続人代表として相続人確定のための 戸籍集め、

相続財産の調査結果として作成した財産目録を提出 したとします。

 

財産目録に記載してある土地・建物の評価額、現金や預貯金の 額、貴金属や

その他の動産の評価額などに納得がいくなら、後 は分割方法や分割割合を話し

合う遺産分割協議に進みます。

 

ただ、財産目録に記載している預貯金の額が、明らかに少ない ということで納得

いかないという場合も少なくないようです。

残高証明をとる場合、お亡くなりになった日の預貯金の残高を 記載していますので、

以前に引き出したことまで残高証明では 分かりません。

 

特に、預貯金額の内容に納得がいかないということで、ご相談を 受けることもあります。

預貯金の取引記録の開示を請求する方法を回答しております。

 

そうなると、相続手続きの進みが止まる、もめる・争うという 雲行きになります。

 

当事務所の想いは、争わない相続です。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ