大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

子がいる状態で再婚する際、将来の発生する相続を考える

「実母が他界し、再婚した父親が亡くなりまして、義理の母との相続手続について聞きたいことが
あります。」という相続相談があるようです。

成年に達した子がいる状態で再婚する際、再婚した本人にとって実子と配偶者との間で、相続
手続に不安を抱えることが出てくるとは考えもしなかったことでしょう。
それは、単なる手続きの問題なのか、分割争いになるのか、再婚時には分からないので、再婚時
か一定の期間をおいて相続対策の考慮を勧めます。

 

再婚する際に

  • 子がいない単身で再婚
  • 未成年の子がいる状態で再婚
  • 成年に達して子がいて、独立している状態で再婚

というように、再婚する当人たちは家族の存在と将来を考えることがあるでしょう。

再婚後の共同生活について考えることも必要ですが、再婚した者が他界した際の相続についても
考慮が必要です。


▼ご興味のある方は、こちらにアクセスしてください。

banner-prenup



▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ