大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

遺産分割する方法には

相続が開始され、手続きが進むと遺産分割の場面となります。

亡くなった方の遺産を分割する際には、

  1. 遺言書による指定分割
  2. 相続人が協議する遺産分割協議
  3. 遺産分割が纏まらなければ家庭裁判所での調停分割
  4. 調停の不成立によって審判の分割

の4種類があります。

遺産相続手続きについてご相談があった場合には、遺言書の有無をお聞きします。
理由としては、遺言書を書いた遺言者の意思が最も尊重されるべきもの
とされているからで、優先される遺言書の存在を確認すべきであると私も考え
ているからです。
遺言書がありましたら、遺言書の記載内容に従って遺産分割が行われます。

遺言書がない場合、相続人全員で遺産分割の協議を行います。
これを遺産分割協議といいます。
相続人全員が一同に集まる必要はありませんが、全員の合意が必要です。
1回の協議で合意を得ることは困難な場合があるので、時間がかかる覚悟が
必要です。

遺言書に分割の記載があった場合でも、相続人全員の合意があれば、遺言の内容
と異なる分割が出来ます。
”遺言書を書いた遺言者の意思が最も尊重されるべき”と書きましたが、相続人の
全員同意が遺言者の意思よりも優先される場面です。

遺産分割の協議が合議にいたらない、纏まらずにいると家庭裁判所に「調停」や
「審判」を申し立てて解決を図ることとなります。

家庭裁判所に「調停」や「審判」まで進むと相続人間の人間関係がすさみ、精神
的に疲弊することになるでしょう。
そこまで行かずに、遺産分割が完了することが望ましいと私は思います。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ