大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

被相続人が遺したモノ

相続の際、
被相続人の財産として土地・建物といった不動産、預貯金や貴金属、現金などの
プラズの財産、借金や債務などマイナスの財産をがありますと相談者に説明します。
つまり、金銭で評価するモノです。

亡くなった方が遺してモノは、そればかりとは言えません。
近年、インターネットの普及と共に、ネット上にあるメール、ホームページやブログで投稿した情報や記事、パソコン内にあるデータなどは、金銭で評価することは出来ませんが、
亡くなった方が遺したモノです。
SNSといわれるソーシャルネットワーク上に投稿した記事、写真、クラウド上にある
データも遺されたモノです。
これらのデータを単に削除するのか、バックアップして残すのか、またアカウントIDを
削除するなど手続きを検討する必要があります。

亡くなった方が遺したモノで、金銭で評価することが出来ないモノは、インターネット
上にもありますよ。
その場合、扱い方を検討する必要もあります。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ