大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

法定相続分

相続人の範囲については、民法で記載されていることを
前回の投稿に記載しています。

民法には、亡くなった方の財産を受け継ぐ割合についても
記載があります。
これが、法定相続分です。
法定相続分は、民法第900条に定められています。
「法定」とあり強制力がありそうですが、これはまったく
強制力はありません。
相続する財産を分割する際の目安と思っていただければいいです。
(相続税を計算する際に、法定相続分により分割したものと仮定して
計算することになっていますので、法定相続分を知っておく必要は
あります。)

強制力がない「法定相続分」なので、分割する際には相続人の間で
協議して分割することができます。

法定相続分については、残された相続人の組合せによって異なってきます。
主なケースでの法定相続分について図に示します。

 

(1)配偶者と子供が相続人となる場合
配偶者が2分の1、子が2分の1で分割します。
子供が複数人いる場合は、相続分の2分の1を頭数で均等に分けます。

子供の中に、「嫡出子」と「非嫡出子」がいる場合には、非嫡出子の
相続分は嫡出子の2分の1となります。
※「非嫡出子」とは、法律上の婚姻をしていない男女の間に生まれた子。

(2)配偶者と父母もしくは祖父母が相続人となる場合
第1順位の子がいない夫婦の場合、配偶者が3分の2、本人の親もしくは
祖父母(直系尊属)が3分の1となります。
父母が健在ならば、3分の1を均等に分割することになります。

(3)配偶者と本人の兄弟姉妹が相続人となる場合
第1順位の子がいなくて、第2順位の父母といった直系尊属がいない場合
には、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。

(4)○○だけが相続人の場合
配偶者だけ、子だけ、父母だけ、兄弟だけが相続人だった場合には、
相続財産を全て受け取ることが出来ます。
子が複数人いる、父母が健在、兄弟姉妹が複数人いる場合には、
頭数で分割します。


当事務所では、無料で相談を受け付けています。
かしこまることはありません。
「ちょっと、聞いてえな。」という感じでもかまいません。
お気軽に、お問い合せ・相談下さい。

 

 


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ