大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

相続の始まりは、亡くなった時だけ?その2

”死亡とみなされた”場合として、失踪宣告の説明をしました。

では、失踪とされるのでしょうか?

失踪には、2つあります。

1つは、生死不明の状態が7年間明らかでない場合の「普通失踪」です。

もう1つは、戦争や海難事故、地震、洪水、雪崩などの災害に遭遇して、
その危難が去ったあと1年以上生死が確認できない場合の「特別失踪」
です。

この2つの失踪の場合、家庭裁判所に失踪宣告を申し立てることにより、
失踪宣告が確定されてます。

失踪宣告が確定してから10日以内に,市区町村役場に失踪の届出を
提出します。
それによって、法律上死亡したものとみなす効果が生じます。

当事務所では、初回無料で相談を受け付けています。
かしこまることはありません。
「ちょっと、聞いてえな。」という感じでもかまいません。

 

 


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ