大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

資金調達手段の数例

資金調達には、

(1)なぜ資金調達することになったのかの理由

(2)調達した資金を何に使うのかの目的

(3)いくら必要なのかの調達金額

(4)いつまでに必要なのか調達期限

と4つの事柄があります。

その4つの事柄が絡み合うことで、

資金調達手段が違います。

資金調達手段には、

・銀行からの短期・長期借り入れ

・売掛債権を買い取りする機関の利用

・担保不要な社債の発行

・増資

が挙がります。

銀行借入・社債・増資には、

・返済義務

・株主・社債券者・債権者の議決権

・担保の有無

・利息の扱い

などで、それぞれ特徴があります。

そこは、次の投稿で書いてみます。

 

中小企業の経営者向けに、

少人数私募債について投稿していると、

資金調達手段のいろんな事柄を目にします。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ