大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

直接金融 株式と社債

前回の投稿で、

中小・零細企業の経営者が悩んでいる

資金繰りについて、

間接金融と直接金融について書きました。

 

そこで、

直接金融の1つとして「少人数私募債」があることを

投稿しました。

 

もう少し直接金融について投稿したいと思います。

直接金融とは、

中小・零細企業である受け手が資金の出し手から

直接資金を調達する方法です。

 

直接金融による商品の代表例としては、

・株式

・債券

があります。

 

株式では、新株発行により資金調達を行うもので、

「公募増資」、

「第三者割当増資」、

「株主割当増資」があげられます。

 

社債には、

「普通社債」、

「転換社債」、

「新株予約権付社債」があげられます。

 

普通社債の1つとして、

50人未満の人を勧誘して発行する

少人数私募債が中小・零細企業の資金調達に

有効と考えます。

 

少人数私募債の発行要件が幾つかありますが、

それは、また。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ