大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

特定贈与信託の仕組み

特定贈与信託は、

信託なので、

3つの役割があって、

(1)財産を託す「委託者」

(2)財産を託される人や機関である「受託者」

(3)託された財産の運用・管理で利益を得る「受益者」

がいます。

 

特定贈与信託の場合、

具体的にどんな人かというと、

(1)「委託者」は、特定障がい者の親族、篤志家などの個人

(2)「受託者」は、信託銀行などになり

(3)「受益者」は、特定障がい者

になります。

 

場合によって、

「受益者」には、成年後見人や保佐人、補助人がつくことが考えられます。

 

「委託者」と「受託者」の間には、

特定障がい者不要信託契約が締結され、

金銭などが信託されます。

 

「受託者」となる信託銀行などは、

信託財産の管理・運用・処分を行い、

税務署に計算書や障がい者非課税信託申告書を提出して、

「受益者」に対して定期的に金銭が交付されます。

 

「委託者」から「受益者」に対して、

贈与されたとみなされますが、

特別障害者(重度の心身障がい者)の方については6,000万円、

特別障害者以外の特定障害の方については3,000万円を限度として、

贈与税を非課税となります。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ