大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

養子縁組の概要編

先日は、”相続と養子縁組”というテーマで投稿しました。
そこで、養子縁組について少し説明したいと思います。

血の繋がっていない当事者間、つまり血縁として親子関係がない当事者の間で、
法律上の親子関係を築くのが養子です。
「法定血族」と言い、養子となった日から養親の嫡出子と同様の身分を取得します。
養子となった子が未成年であれば、親権者は養親です。
そして、養親と同じ姓を名乗ることになります。

相続対策として、また、家を途絶えさせないために、孫を養子縁組する場合も
あるようです。
この場合も、孫は祖父母の嫡出子と同様の身分を取得し、祖父母と同じ姓を
名乗ることになります。

「嫡出子」とは、婚姻関係にある男女から生まれた子のことを言います。
そのため、養子であっても実子と同じように相続権があるし、相続分も同じに
なります。

原則として、夫婦が未成年者と養子縁組みする場合には、夫婦が一緒に養親と
ならなければなりません。これを『夫婦共同縁組』といいます。

養子縁組には、「普通養子縁組」と「特別養子縁組」があります。

「普通養子縁組」が成立するには、実質要件として縁組意思の合致、縁組障碍の
不存在、形式要件として届出が必要とされています。
「普通養子縁組」の場合は、養子と実親との親子関係はなくならず、実親の相続
は発生します。

「特別養子縁組」は、6歳未満の子の利益のために特に必要と認められる場合、
家庭裁判所の審判を経て養子縁組します。
「特別養子縁組」の場合は、 養子と実親との親子関係はなくなるため、実親の
相続は発生しません。

今回は、ここまでにします。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ