大阪府大東市 濱元行政書士事務所大阪府大東市 濱元行政書士事務所

大阪府大東市 濱元行政書士事務所

社債を簡単に説明すると「会社の借金」

20年以上前、

大学を卒業してSEの会社に入社、

新人研修が終わり、

証券業務のシステム開発部隊に配属されました。

配属後しばらくの間、

証券用語や仕組みについて資料を読んでいたところ、

内国株や外国株、国債、先物、オプション、転換社債など説明と共に

社債とは「会社の借金」を書いてありました。

 

じゃ、社債と借入(普通に借金するというと思います)のとどう違うのでしょうか?

 

返済することが必要というは同じですが、

返済方法に違いが出ます。

借入の場合は、

通常、毎月元金と利息を払います。

その為、毎月返済資金を捻出することが必要。

社債の場合は、

社債発行の際に決めた償還期限が来るまで利息を払うだけです。

償還期限が来るまで元金を返済する必要が無いので、

社債発行で集めた資金を満額使用できます。

ただ、償還期限までに償還する資金を計画的に準備する必要があります。

借入のように、

毎月の返済を心配する必要が無いのが、

社債。

先日、日経新聞のWebサイトを見ていたら、

ソフトバンクが9月に個人向け社債4000億円発行するという記事を

見つけました。

個人向け社債を発行して、

大々的に募集を掛けることから、

関東財務局に発行登録書を提出したり、

主幹事に野村証券、大和証券、みずほ証券などを指名したりと

えらい手間が掛かっている感じですね。

社債の償還期限は2019年9月12日で年限は5年で、

利率は0.95~1.55%を仮条件としているとなっています。

銀行の普通預金よりも、金利がいいですね。

まあ、大企業の話ですが、

中小企業が発行する少人数私募債の場合は、

有価証券届出書や報告書、

金融機関に社債管理をお願いすることもないので、

手間は掛からず、

発行しやすいと考えています。

 

資金調達には、

いろんな目的がありますが、

社債を考えてみるのはどうでしょうか。


▼お問合せ、ご相談はこちらから


相続・遺言の専門家のメールアドレス

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ